So-net無料ブログ作成

「光りあるところに影がある」超人的忍者は存在したのか? [戦国]

 

 白土三平作 サスケ.png

 白木三平作 サスケ

 

漆黒の闇を疾風の如く駆け抜け、手裏剣を打ち、高い塀も難なく

飛び越える。

その姿を追えば、煙の如く姿を消す。

 

映画やアニメの世界で活躍する超人的な忍者。

はたして実在したのでしょうか?

 

以下順に考えてみました。

 

*戦国の世 時代は忍者を必要とした

 

戦国時代、武将たちが繰り広げた合戦は戦う前にすでに勝負が

決していたことが多かったようです。

 

戦国武将たちは戦いにあたって、敵側に内通者を作る(内通工作)、

意図的な噂を流し敵方将兵を仲間割れさせる(離間策)といった

謀略を仕掛ける。

事前の謀略戦が合戦の勝敗を決定づけたと言えるようです。

 

またいざ合戦となれば、闇夜に紛れて敵方を奇襲するといったゲリラ戦

や、敵陣営に放火し後方を混乱させることも有効な手段でした。

 

こうした謀略戦やゲリラ戦には当然その実行者が必要となります。

高度な専門能力を備えた実行者が必要となるのです。

 

例えば、

戦国武将の領国は現代と比べずっと閉鎖的な社会でしたから、敵方に

怪しまれずに敵国情勢を掴み、何らかのネットワークを使って収集した

情報を味方に伝達するといった 謀略戦には欠くこのできない諜報活動

の実行も決して容易ではなかったはずです。

 

*忍者の持つ技術 化学知識と心理術

 

磯田道史氏著「歴史の楽しみ方」は忍者を‘化学者としての忍者’

として取り上げており興味深いです。

古文書から毒薬や生物兵器に通じた忍者の姿が浮かび上がる。

戦国、徳川期初期に多く事例が残る‘邪魔者’の不審な死の真相には

毒物を自在に扱う忍者の関与があったかもしれない。

 

 

‘飛び加藤’の異名を持つ戦国の忍者、加藤段蔵にまつわる逸話。

越後の上杉謙信に仕官先を求めた加藤段蔵は春日山城の城下町で派手

なパフォーマンスをする。

大木に繋がれた一匹の大きな黒牛を指さした段蔵は、大勢の群集に

向かい大声で「この大牛を俺が飲み込んでみせよう」と言い放った。

段蔵は大きな黒い布を自分の頭と大牛の頭にかぶせた。

かぶせられた黒い布の中で、大牛の頭が確かに飲み込まれ、

やがて大牛の腹が、足が、そして最後には尻尾までが飲み込まれ、

大牛の姿が消えた。

 

もう一人、豊臣秀吉を恐怖させた果心居士の話。

果心居士は秀吉に請われ妖術を披露する。

側近を遠ざけてひとり部屋に残る秀吉。

秀吉は果心居士の使う妖術を待った。

やがて部屋が闇に包まれ、1人の若い女性が現れる。

むかし戦場で秀吉が犯し、殺した女性だった。

決して忘れることの出来ない過去の自分の過ち。

「もうよい!やめんか!」、恐怖に駆られ秀吉が叫ぶ。

秀吉の叫び声に駆け付けた側近に向かい、秀吉は果心居士の

磔刑を命じる。

磔柱に縛られた果心居士は、処刑の寸前に一匹のネズミに姿を変え、

消え去った。

 

人間心理に通じ、思い込みや錯覚を巧みに利用した妖術を操る忍者。

ハンカチーフから飛び出す鳩、剣で串刺しにされながら傷ひとつ

ない美女、幾重にも鉄鎖が巻かれた木箱からの脱出などスペクタクル

な現代のマジックショーにも決して劣らない忍者の妖術。

忍者の使う妖術を目撃した当時の人々の驚きはいかほどのものか。

人々の驚きは逸話となり語り伝えられます。

逸話の中に真実はあったと考えたい。

 

*忍者の身体能力

 

北斗神拳の伝承者ケンシロウ氏は「普通、人間は潜在能力の30%のみ

使えるが、北斗神拳は転龍呼吸法により残り70%の能力も発揮できる」

と語る。

 

MIZUNO社のWEBマガジンに「心理的限界を超える火事場の

馬鹿力の秘密」という興味深いコラムを見つけました。

それによれば、人間の脳は筋肉や骨の損傷を防ぐため、本来使える力

を抑制してしまう安全装置がかけられているらしいです。

このため通常、人間はこの安全装置により自分の意識のなかで限界と

思っているところまでしか力を発揮できない。これを心理的限界と

呼ぶそうです。

しかしこの安全装置が外れたとき、心理的限界を超えて筋肉が本来

持っている力(生理的限界と呼ぶそうです)を人間は使うことができる。

生理的限界のおよそ70%が心理的限界となるようです。

 

さすがに北斗神拳と比べると少し迫力不足になりますが、忍者はこの

心理的限界を超えた能力を発揮できたのではないか。

 

この世に生を受けた時から忍者になることを宿命づけられている者たち。

幼少より閉ざされた生活環境のなか、ただひたすら技を磨く彼ら。

常人が持つこの‘臆病な安全装置’なぞやすやすと

忍者は超えたに違いない。

 

 

戦国の世の中、忍者が縦横に働く場が用意されていた。

彼らは化学的技術を持ち、人間心理に通じ、巧みな妖術を操る。

その身体能力は優に普通の人間の限界を超えた力を発揮した。

 

超人的な能力を持つ忍者たちは実在したと考えたい。

 

戦国武将たちが演じた華々しい国盗り物語の裏面に確かに彼らは存在した

のではないでしょうか。

 

 

「光あるところに影がある。まこと栄光の陰に数知れぬ忍者の姿があった。

サスケ、お前を斬る!」

忍者アニメの傑作「サスケ」オープニングより。

 

戦国グッズ・幕末グッズの侍気分のHPはこちらを

是非ご覧ください。http://samuraikibun.com/

 

 


nice!(42)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 42

コメント 4

萌田かずきち

サスケ、昔アニメで再放送見ましたが懐かしいですね。
by 萌田かずきち (2014-01-26 18:59) 

アナログ侍

萌田かずきち さん
コメント有難うございます。
僕も大好きでよく見ていました。
サスケ、勇敢で可愛いですよね。
by アナログ侍 (2014-01-26 19:24) 

suhr0045

アドレナリンとかエンドルフィンとかですね


興奮状態にあると、怪我の痛みを感じなくなりますからね

逸話の中に真実があると、僕も信じたいです

余談ですが、変態仮面も100%の力を引き出せます(笑)
by suhr0045 (2014-01-28 10:09) 

アナログ侍

suhr0045さん
余談の変態仮面に反応してしまいました。懐かしいですね!見ませんでしたが去年確か映画化されてましたよね。個人的にはけっこう仮面が好きでした。
by アナログ侍 (2014-01-28 10:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0