So-net無料ブログ作成
検索選択

初鰹の話 ちょっと時期はずれですが [幕末 江戸]

 鰹料理.jpg

 

初物、ことに初鰹に寄せた江戸の人々の関心は熱狂的なものでした。

 

‘女房を質に入れても食べたい’初鰹は正月ごろに鹿児島沖に到着し、

その後黒潮に乗り初夏相模沖に到達します。

 

鎌倉小田原あたりの漁師が採った初鰹は東京湾入り口で特別な高速船

に積み替えられ、江戸日本橋の魚河岸に運び込まれます。

 

冷凍設備のなかった時代、鮮度の落ちやすい生の魚を運ぶため

「押送船オシオクリブネ」

という当時の最高速の船で運ばれたのです。

この押送船、細長い船体に片側4挺ずつの櫓があり、8人の船頭さんが

一斉に漕ぐ高速船で、魚荷専用のクール宅急便のような存在でした。

 

最初に入荷されたものが正式には初鰹ですが、これはとても庶民が口に

出来るものではありません。

まず将軍家に献上され、残りを超高級料理茶屋や限られたセレブ

(人気歌舞伎スターなど)が買い付けます。

 

徐々に入荷量も増えてきますと、初夏の味覚初鰹の値も下がってきます。

 

ただ見栄っ張りで、初物好きの江戸庶民は誰よりも早く初鰹を食したい。

しかしながら当然値が張ります。

 

そんな江戸庶民の切実な心情を鮮やかに?表現した川柳を2つ

ご紹介します。

 

「初鰹人間わづかなぞと買ひ」

どうせ短い人生だ、思い切って買ってしまえ!

 

「初鰹まだ舞台から落ちられぬ」

清水の舞台から飛び降りる気持ちで買いたいが、決心がつかない!

 

このとっても高価な初鰹、今ならさしずめマグロの大トロといった

ところでしょうが、山田順子氏著「江戸グルメ誕生」によれば、

脂肪の多いトロは当時‘猫またぎ’(猫ですら食べない)とも呼ばれ、

畑の肥料にされていたそうです。

トロの脂肪は江戸の人々の好みには合わなかったようです。

 

侍気分HPは宜しければこちらをご覧ください

http://samuraikibun.com/


nice!(45)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 45

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。