So-net無料ブログ作成

江戸遊女の手練手管 [幕末 江戸]

最近江戸時代の生活に関連した本を読むのですが、時代劇によく登場

する場面にはいくつか間違いあることを知りましたので、

23つご紹介します。

 

  町奉行所には「北町奉行所」といった表札はありません

 

*武家の屋敷にはご公儀の役所でも大名屋敷でも表札は出さない

そうです。でも表札がないと視聴者にはわかりませんね。

 

  居酒屋にはテーブル、腰掛はありません。

 

*浪人者や職人さんが居酒屋で一杯の場面はよく時代劇に登場

 しますが、江戸時代、居酒屋・小料理屋では、畳の上に料理や酒

 をのせた盆をじかに置いたそうです。

 星一徹がひっくり返すようなちゃぶだいが普及

 するのは大正時代以降のようです。

 

  江戸吉原の遊女たちが、真っ赤な格子の内側に群がって、

 道行く男たちに声をかける。これもなしです。

 

*江戸吉原の定番の大事なシーンなのですが、小見世の中でも

 かなり下のクラスの河岸店の遊女でもなければ、こんな行儀

 の悪い真似はしなかったとのことです。

 

花魁.png

 

ちょっと江戸吉原の話です。

 

「夜と昼朝とに落ちる日千両」という川柳があります。

 

夜は吉原、昼は歌舞伎興行地、そして朝は日本橋の魚河岸。

この3か所には一日に千両もの大金が消費された、という川柳です。

 

娯楽施設の乏しかった当時、年中無休で営業する江戸吉原は最大の

消費場所なっていましたが、さすがに江戸も後期になるとライバル

岡場所(幕府非公認の遊郭地)の攻勢にもあって、厳しい営業努力

強いられるようになったそうです。

 

氏家幹人氏著の「これを読まずに江戸を語るな」という本に、不況を

乗り切るため妓楼の経営者が打ち出す新商法の

あれこれが書かれています。

 

遊女、芸者さんの料金引き下げは当たり前、茶屋の紹介をカット

(吉原では通常、引手茶屋を通して客を妓楼に案内する仕組み。

つまりシステムの改革)して料金の明朗化を図ったり、あるいは

料理とのセット販売価格を提示するなどの経営努力が記述

されています。派手な宣伝広告もありました。

 

中でも興味深いのは、妓楼経営者の遊女に向けた訓示。

 

遊女の3人に1人しか客をとれなかったほど経営不況が深刻化

するなか、経営者はなんとしても客数を増やしたい。

 

同著では青楼掟(青楼は妓楼のこと)という史料が紹介されています。

文字通り遊女に向けた訓示です。

 

「遊びに飽きたスレッカラシの客は要警戒。だが誠実で人柄が

いいだけで金離れの悪い客はイタダケナイ! 自分が選んだ遊女

だけは誠実で客を騙さないと信じている客こそ上客だ。

こんな客をつかまえたら金品を引き出すのが遊女の道だ」

 

「馴染みになった客には衣類・寝具などをねだるのが遊女の作法

である。ねだるといっても、あまりガツガツしては客が逃げる。

欲得を表に出さぬよう注意して、可能な限り搾り取るのが上策だ。」 

 

経営者は一方でまた、遊女に対しては、

 

「病気になってもなるべく客をとるように!万一大病で年季を

勤め上げないで死ぬと判断したら、暇を出す」と訓告。

 

まさに冷徹非情な人物です。

 

だが、続くこの経営者の弁明がふるっています。

 

「私だってこんな掟を定めるのは決して本意ではない。

だが考えてもみてくれ。君たち遊女が私の言いつけをよく守って客を

騙し続けても、この世の中には遊女にハマって破滅する男が跡を

絶たない。ならば、もし遊女に誠の情があれば、身を持ち崩す客の数

は100倍にも増えてしまうだろう」

 

参りました!

 

 


直江兼続 tシャツ 花に背いて帰る [戦国グッズ]

戦国グッズ・幕末グッズの侍気分では、直江兼続tシャツ「花に背いて帰る」

をご用意させて頂きました。

 

私はNHK大河ドラマの天地人が好きで、放映時に何度か六日町や米沢

に行きました。

 

六日町大橋のたもとにお六の湯という足湯の施設があります。

坂戸城のある坂戸山に登った帰りに利用させて頂きました。

 

坂戸山は634メートルと比較的低山で、パンフレットには手軽な

トレッキングコースとして町民に愛されているとの旨書かれて

おりましたが、私にとっては実にハードでした。

 

途中思わず「わしは、こんなとこ来とうはなかった!」と

言ってしまいたくなりました。

 

この足湯の建物の天井部分に直江兼続の詠んだ漢詩がいくつか書かれています。

足湯につかりながら、・・・いい感じです。

 

格調高く、男女間の細やかな機微にも通じた漢詩。

直江兼続にはこのような一面もあったんだな~と感動してしまいました。

 

 

お六の湯.jpg

 

 

豊臣秀吉は直江兼続を評して

「天下執柄の器量人なり」とし、

 

京都妙心寺の住持南下玄興は

「利を見て義を聞かざるこの世にあって、利を捨て義を取る人」

 と兼続を評しています。

 

また湯浅常山の著した常山日記には兼続の人となりについて、

「長(丈)高く容儀骨柄並びなく、弁舌明らかに殊更大胆なる人」

と記されています。

 

天下無双のかっこよさ!です。

 

直江兼続は殖産、治水などでも手腕を発揮し、江戸期の名君上杉鷹山がその

藩政改革の手本とした優れた民政家でした。

 

兼続が農民指導のため記したとされる四季農戒書では、衆人の心情に

通じた農民心構えが諭されており興味深いです。

 

畑で懸命に働く亭主に昼食を届けに行く女房に、赤の頭巾を被るように勧め、

「赤い衣装の女房を、老若ともども男どもが見れば、その身は農作業で汚れて

いても、身体の疲れを忘れるだろう。農作業が終わり男どもが日暮れに

帰ってきたら、たらいに湯をもってきて、足を洗わせ、男の足を女房の

腹の上に置いて、撫でさすってあげなさい」・・・

 

 

天地人で、田中美佐子さん演じる母上が、加藤清史郎君が演じる幼い与六に、

 

「もみじが散るのは、その(厳しい冬を生きる木)の身代わり、

燃え上がるあの色は己の命より大切なものを守るための決意の色。

そなたはこの越後の国のため、もみじのような家臣になりなさい」と言います。

 

与六の一生は決します。

 

最終回では直江兼続は縁側に座り、お舟とともに紅葉を眺めながら

静かに息をひきとります。

「私は立派なもみじの家臣であったか」

 

天地人、とても好きな大河ドラマでした。

 

 

直江兼続が詠んだ後半のみ今に伝わる七言絶句「花に背いて帰る」

 

春雁似吾吾似雁 洛陽城裏背花帰  

春雁 吾に似て吾雁に似たり 洛陽 城裏 花に背いて帰る

 

春の雁に似て、私もまた花の咲く華やかな都に背を向けて

帰らねばならない故郷に帰る。


必殺 中村主水の表家業と目明しについて [幕末 江戸]

中村主水の‘表家業’は南町奉行所定町廻り同心です。

 

江戸町奉行は南と北の2つに分かれており(確か中村主水は当初

北町奉行所勤務だったと思います)それぞれ奉行が1名ずつおり、

隔月で事件を担当します。

町奉行は司法(裁判所・牢獄)、警察(警視庁)業務を執り行う

のみでなく行政(東京都庁)担当もしておりますので、今で言えば

東京高等裁判所判事+警視総監+東京都知事の重要ポジションです。

 

大変多忙です。

 

町奉行の配下に与力、同心がいます。

江戸町奉行所の与力は南北各25名、同心は江戸末期で各120名。

このうち捕物(警察業務)に関係するのは、定町廻(じょうまちまわり)、

臨時廻、隠密廻の三廻の同心です。

 

中村主水さんはこの定町廻りの同心です。

 

 中村主水.jpg

 

ただこの三廻の同心の人数は僅かに25名程度(時代によって異なります)。 

これだけの少人数で江戸の治安が守られたのでしょうか?

 

江戸の町には実に見事な町政が布かれていました。

3名の町年寄と江戸の各町々を支配する名主そして家主との間で優れた

連携伝達機能が働き、高度な自治が可能でした。

奉行所の手を煩わさないで、かなりの程度で問題解決が可能だった訳です。

 

また銭形平次や伝七親分に代表される?目明し(岡引)の存在も忘れては

ならないでしょう

 

しかしこの目明し、どうも町人の評判はあまり良くなかったようです。

目明しは岡引の他、手先あるいは御用聞などとも呼ばれ、町奉行所の正式

な要員ではなく、あくまで同心の私的な使用人です。

 

彼らは江戸の裏事情に通じた元犯罪者の出身が多く、仲間の密告などで

罪を目こぼしされた者などが同心の手先となって犯罪者の検挙に働く

という事だったのですが、実態はゆすり、たかりの常習者が随分といました。

昔の悪人仲間を売ったりもしました。

 

嫌われ者にもなりましょう。

 

 石井良助著「江戸の刑罰」という本に随分と残酷な話が紹介されています。

 

目明しが罪を犯し、小伝馬町の牢屋に入牢するシーンです。

 

「モシ二番役さん、こいつは岡引で、ワーチラ二人はこいつのために縄目

に逢い、憂き目を見せられやした。どうぞ宜しくお願いします」

二番役さんは、牢名主と相談し、「この新入り(岡引)に御馳走を取らせよ」

と配下の囚人たちに命じます。

囚人たちは御馳走がこんもり盛られたお椀を岡引に渡して、

「これ神妙にいただけよ、遠慮すると、お替りつけるぞ、それ早く頂け」

 

岡引は食べます。容赦なく2つ、3つと岡引の前に椀が運ばれます。

 

皆さん、椀の中身はなんだと思いますか?

人糞です。

 

お食事前後の方、申し訳ありません。