So-net無料ブログ作成
検索選択

初鰹の話 ちょっと時期はずれですが [幕末 江戸]

 鰹料理.jpg

 

初物、ことに初鰹に寄せた江戸の人々の関心は熱狂的なものでした。

 

‘女房を質に入れても食べたい’初鰹は正月ごろに鹿児島沖に到着し、

その後黒潮に乗り初夏相模沖に到達します。

 

鎌倉小田原あたりの漁師が採った初鰹は東京湾入り口で特別な高速船

に積み替えられ、江戸日本橋の魚河岸に運び込まれます。

 

冷凍設備のなかった時代、鮮度の落ちやすい生の魚を運ぶため

「押送船オシオクリブネ」

という当時の最高速の船で運ばれたのです。

この押送船、細長い船体に片側4挺ずつの櫓があり、8人の船頭さんが

一斉に漕ぐ高速船で、魚荷専用のクール宅急便のような存在でした。

 

最初に入荷されたものが正式には初鰹ですが、これはとても庶民が口に

出来るものではありません。

まず将軍家に献上され、残りを超高級料理茶屋や限られたセレブ

(人気歌舞伎スターなど)が買い付けます。

 

徐々に入荷量も増えてきますと、初夏の味覚初鰹の値も下がってきます。

 

ただ見栄っ張りで、初物好きの江戸庶民は誰よりも早く初鰹を食したい。

しかしながら当然値が張ります。

 

そんな江戸庶民の切実な心情を鮮やかに?表現した川柳を2つ

ご紹介します。

 

「初鰹人間わづかなぞと買ひ」

どうせ短い人生だ、思い切って買ってしまえ!

 

「初鰹まだ舞台から落ちられぬ」

清水の舞台から飛び降りる気持ちで買いたいが、決心がつかない!

 

このとっても高価な初鰹、今ならさしずめマグロの大トロといった

ところでしょうが、山田順子氏著「江戸グルメ誕生」によれば、

脂肪の多いトロは当時‘猫またぎ’(猫ですら食べない)とも呼ばれ、

畑の肥料にされていたそうです。

トロの脂肪は江戸の人々の好みには合わなかったようです。

 

侍気分HPは宜しければこちらをご覧ください

http://samuraikibun.com/


nice!(45)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

石田三成 「義は我にあり!」 [戦国]

捕らえられた石田三成は洛中を引き回され、六条河原の刑場で処刑される。

刑場に向かう三成は喉が渇き、警護の者に白湯を求める。

警護の者は白湯の代わりに、持ち合わせた干し柿を三成に差出した。

 

「白湯は用意できない。喉が渇いているならこの干し柿を召されよ」

 

三成は「干し柿は胆の毒(腹を冷やす)であるからご遠慮する」

と断る。

これを聞いた警護の者は「これから首を刎ねられるものが腹を気遣う

とはまことに笑止」と三成を嘲笑した。

すると三成は「お前らのようなものには理屈通りかもしれないが、

大義を思い、抱く本望の達成を望むものは首を刎ねられるその瞬間

まで命を大事にするものだ」と言い放った。

 

石田三成肖像画.png

 石田三成肖像画

 

慶長5年(1600年)915日午前8時、関ヶ原にて先端の火ぶたが、

切って落とされた。

 

当時、時代の気運は新たな秩序と統一を求め、徳川時代の集権体制へ

向けてカウントダウンが始まっていたが、天下をめぐる情勢は依然と

して流動的ではあった。

 

関ヶ原の決戦は日本全国の大名を巻き込んだ天下の趨勢を決定づける

まさに天下分け目の戦いとなった。

 

東軍の総大将徳川家康255万石の大大名。

豊臣家臣団の中で他を圧倒する勢力を誇っていた。

 

一方西軍の実質的な大将は石田三成。

禄はわずか近江佐和山194,000石。

 

家康はその圧倒的な勢力を背景に、恩賞を約して豊臣恩顧の諸大名の

取り込みをはかる。

家康が諸大名に出した手紙の総数は実に260通を超えるそうです。

 

一方三成は亡き太閤秀吉への恩義の名のもとに西軍勢力を結集させる。

後に捕らわれの身となった三成が、

「宇喜多秀家、毛利輝元をはじめ同心しない者を強いて語らって

軍を起こした」と語ったように、西軍は実態として三成が演出した

軍勢であった。

 

関ヶ原の決戦はわずか1日で決着をみます。

 

小早川秀秋の裏切りにより膠着していた戦局は一変し、東軍勝利に

決したと伝えられます。

 

三成は関ヶ原の戦場を落ち延び、大坂での再挙をはかります。

 

「石田三成を捕らえた者には褒美として年貢を永久に免除する」

厳しい家康の三成捜索が開始されて6日目、三成は東軍兵士に

捕らわれます。

 

冒頭の話は、捕らわれ刑場に向かう三成に残された逸話です。

 

今井林太郎氏著「石田三成」に三成最期の時をめぐる逸話が

紹介されています。

 

浅野幸長が、細川忠興が、福島正則が・・・

東軍についた大名たちは、三成が‘無用な乱’を引き起こしたことを、

敗北のあとも自害せずに逃げ延び捕縛された様を非難し、嘲笑します。

 

三成は重ねて昂然と答える。

「この度の戰は豊臣存続のため徳川殿を打ち滅ぼす義戦であった。

徳川殿打倒の機会を掴むため生き延びる事こそ大志を抱くものの道だ。

ただ討ち死にを望むは下級武者の振る舞い。自分が敗れたのは全くの

天運であった。」

 

残された逸話からは、三成の強烈な自負心がうかがわれます。

 

秀吉亡き後、多くの秀吉恩顧の大名が家康になびく情勢下で戦われた

関ヶ原決戦は、確かに石田三成のみが成しえた戦いであったと

思われます。

 

豊臣の命運を担い、戦い敗れた三成は揺るがぬ信念を抱いて

いたのでしょう。

 

豊臣政権の存続にこそ大義がある。

「義は我にあり!」

 

お読みいただき有難うございます。

戦国・幕末グッズの侍気分のHPはよろしければ

こちらをご覧ください。

http://samuraikibun.com/


大坂夏の陣に散った武辺者 真田幸村 後藤又兵衛 毛利勝永 [真田幸村]

 

大坂夏の陣は東西両軍合わせ戦死者2万5千を超える類例をみない激戦となった。

 

天下分け目の戦いと言われる関ヶ原の決戦でも戦死者の数は1万に満たない。

 

すでに戦いの行方が決しているなかで、何故これほどの戦死者を出す激戦となった

のでしょうか?

 

大坂夏の陣、戦国最後の武辺者たちの真にめざましい戦いがあったようです。

 

慶長19年(1614年)11月、徳川家康は30万人にのぼる大軍をもって

大坂城を包囲。

この大坂冬の陣の戦いは、真田幸村の活躍もありやや西軍(大坂豊臣方)有利で

あったが、翌月には休戦条約が結ばれ、老獪な家康の策略により天下の堅城大坂城

も二の丸、三の丸の濠までも埋められてしまいます。

 

慶長20年(元和元年)5月、家康は再び大軍を率い大坂城に攻め寄せる。

 

「この度の戰は手間がかからぬ、3日分の兵糧があれば充分だ」

濠を埋められ丸裸となった大坂城を遠望した家康はこう言ったそうです。

 

一方西軍豊臣側。

頼みとした豊臣譜代の大名たちは関ヶ原で没落、あるいは東軍(家康軍)に味方し、

大坂城にはいなかった。

大坂豊臣側が期待をかけたのは、関ヶ原合戦で領地を奪われ今は浪人の身と

なった旧大名とその家臣たちでした。

彼らは大坂冬の陣を前に豊臣側の招聘により入城していていました。

その中には真田幸村、後藤又兵衛、毛利勝永、長曾我部盛親、薄田兼相といった

高名な武辺者たちがいた。

 

 又兵衛.jpg

 後藤又兵衛 肖像画

 

武辺者(ぶへんもの)― 勇敢で軍功抜群の者、一群一城を領するほどの侍大将

 

彼ら武辺者たちは評定で東軍迎撃の献策をするが、大坂城の最高権力者である

秀頼の母淀君と彼女をとりまく女官グループが横やりをいれ、軍議は

まとまらなかった。

作戦首脳部が幾派にも分かれ、互いの主張が隔絶し統一がならない。

 

空転する軍議。

敗北は必至。

 

武辺者たちはもはや己の死後の功名にのみ悲願をこめたと思われます。

 

真田幸村の「ほかのお味方は家康に負けても、わしだけは決して負けぬ」との

言葉が伝わっています。

 

彼ら武辺者たちの最後の奮戦はまことに目ざましかった。

その見事な戦いぶりを伝える多くの逸話も残っています。

 

慶長20年(元和元年)5月5日、東軍は二手に分かれて京都伏見を発し、

大坂城を目指して進軍を開始。戦端が開かれる。

 

5月6日、後藤又兵衛、討ち死に。

かって「黒田八虎」の一人としてその武勇をとどろかせた又兵衛も、東軍伊達勢

の鉄砲隊にその巨体を撃ち抜かれ落馬、近習に介錯させた。

又兵衛の叔父 後藤助右衛門は又兵衛の最期を、「お手柄源平以来有るまじきと

申すとり沙汰にて御座候(まさに源平の世以来のみごとな戰ぶり)」と伝えている。 

 

同日、後藤又兵衛の救援に駆けつけた薄田兼相も戦死している。

 

翌7日、真田幸村率いる3,000人の赤備えの兵士が3たびにわたり

家康本陣に突入する。

 

「狙うは家康の首ただひとつ!」

 

家康に自刃をも覚悟させた凄まじい突撃であったが、力尽き幸村も首を討たれた。

 

同日深夜に大坂城は落城する。

 

翌8日、豊臣秀頼は淀君らとともに自害する。

介錯は毛利勝永がつとめたとされる。

 

池波正太郎の「戦国と幕末」に毛利勝永が登場します。

策謀と打算にみちた関ヶ原の戦いを、毛利勝永は「あのようなものは、

まことの武人の戦ではない」と評したとされる。

勝永は大坂城に入城した際、「わしは関ヶ原のやり直しをする」と周囲に語り、

夏の陣では幸村と並ぶ見事な活躍をします。

 

夏の陣は家康のもくろみ通りほぼ3日間の戦いで終結。

 

しかし死を賭した戦国最後の武辺者の‘武の意地’が大坂夏の陣の戦いを

類例をみない壮絶なものにしました。

 

お読み下さり有難うございます。

戦国グッズ・幕末グッズのお店 侍気分のHPは こちらをご覧ください

http://samuraikibun.com/

 

 buhenbagblue.JPG

 武辺者トートバッグ 後藤又兵衛モデル


「軍師 官兵衛」 名前の話 [戦国]

 

「軍師 官兵衛」

黒田官兵衛を筆頭に~兵衛の名前が多く登場します。

竹中半兵衛、母里武兵衛、母里太兵衛。

もうすぐ後藤又兵衛も登場しますね。

 

磯田道史氏著「江戸の忘備録」によれば、(人別帳から確認できる)江戸

時代には日本人男性の約半数が~兵衛、右衛門、左衛門であったようです。

 

同書によれば、兵衛、衛門はもともと朝廷の衛士を示す官名で、

中世の日本人「自分は貴人の末孫で武士であった」との意識が高まり、

庶民も自由に~兵衛、~衛門を名乗り始めた。

 

室町時代にはこの官名の‘私的使用’がすっかり定着。

かくして日本中が~兵衛、~衛門の名であふれたようです。

 

 

ところが明治3年、時の政府はこの官名を‘通称’として称することを

禁じた通達を出します。

~兵衛、~衛門は本来、律令制度に由来した官命ですから、これを勝手に

名乗る事はケシカランという訳です。

 

この政府による官名僭称の禁止措置は庶民の間に大きな混乱を招きました。

 

武士は~兵衛、~衛門を通称(とおり名)として用いていました。

他に実名があったのです。

例えば、黒田官兵衛であれば、官兵衛は通称で、孝高が実名(諱)です。

この通称に官名を使うことが禁止されるということです。

 

一方で庶民は通称しか持ちませんでしたので、この政府の布告は

大迷惑でした。

~兵衛、~衛門という名は、苗字の公称が出来ず(庶民にも苗字は

ありましたが、自由に公称することはできませんでした)、

また実名を持たなかった庶民にとってとても大事な名であったのです。

 

ただしこの政府の禁止通告は充分な効果をあげられなかったようです。

実勢に沿わない規制はなかなか効果をあげられないようです。

~兵衛、~衛門の名は無事に残りました。

 

 軍師 官兵衛NHK.jpg

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

 

以下ちょっと私たちが苗字と名前を持つまでに触れます。

 

同年(明治3年)、政府は庶民が苗字を持つことを許容しています。

 

明治5年、政府はすべての国民が苗字、名前を勝手に改めることを禁止

します。

*それまで人々はこの世に生をうけてから死ぬまでの、人生の折節に

何度も名前を変えてきました。幼名や隠居名も用いました。

 

また同年、政府は通称と実名を持つ者に対し、どちらか一方を選択するよう

求めます。複名を禁じて、一名主義を採用します。

*西郷さんは通称の吉之助ではなく、実名の隆盛を選択。「板垣死すとも

自由は死なず」で有名な板垣退助は通称を選択(実名は正形)します。

 

明治8年にはすべての国民が苗字を公称することと定められます。

背景には、近代的な中央集権国家を目指す政府が、全国民を戸によって掌握

したいとする要請もありました。

当時苗字を持たなかった庶民があわてて苗字を作ったという話がよく聞かれ

ますが、実際あまりそういったことはなかったようです。

お寺の住職や庄屋さんに新たに苗字を決めてもらったなどの例も確かに

あるようですが、庶民といえども多くは苗字を持っていましたので新苗字?

がどんどん作られたわけではないようです。

 

こうして私たちは苗字と名前を持つことになりました。

 

名前には流行があります。

 

また‘~兵衛さん系統’の名前が日本中にあふれるかもしれませんね。

お読みいただき有難うございました。

戦国グッズ・幕末グッズの侍気分HPは宜しければこちらを

ご覧ください。http://samuraikibun.com/

 

 


江戸の渋谷スクランブル交差点 [幕末 江戸]

 

 登城風景.jpg

 

東京渋谷のスクランブル交差点。

まさに圧巻の景色が展開される場所です。

圧倒的な人の数、信号が青に変わり一斉に動き出す人、人、人・・・。

 

今や外国観光客にもすっかり有名になった東京の観光名所です。

 

江戸の観光名所をあげれば、浅草観音、神田明神、湯島天神・・・

こうした神社仏閣の他に、大都市江戸でなければ見られない

ものがあった。

大名たちの登城の様子です。

 

大名たちの登城日、江戸城城門(大手門、桜田門)前では

渋谷スクランブル交差点にも劣らない圧巻の風景が見られたはずです。

 

定例の登城日は月に3日あり、他に年始や節句などの式日

に江戸在府の大名たちがほぼ同時刻一斉に登城します。

 

江戸の観光客は時間前に道筋に出て、各々良い見物場所を確保し

大名たちの登城行列を楽しく見物します。

おらが国の殿さまの登城を運よく見られれば、素晴らしい土産話に

なったでしょう。

 

一方で登城する大名と家臣にとって登城日は苦労の多い一日となります。

 

大名の上屋敷は家格にもよりますが、大方江戸城に近接しています。

江戸城より徒歩数分の好立地なのですが、登城約束時刻(将軍への拝謁

予定時間)の2時間前には屋敷を出発します。

何といっても200に近い大名行列が同日ほぼ同時刻に登城するのです。

 

大名の行列はその家々に決められた格式があり、行列の人数も定まって

いました。

大きな藩の大名の行列ともなれば、行列の最後尾が屋敷の門をまだ

出ないうちに、先頭はすでに大手門に到着というようなことがあります。

 

また行列が道の往来を妨げるので、仮に100人の行列でも江戸城前の

道路を通る行列は、行列途中に道幅ほどの切れ目を2つほど作り、

そこに通行人を通す工夫がとられたため、行列はさらに長くなります。

 

自分より格上の大名の行列に運悪くぶつかれば、道を譲る

必要もあります。

 

どうしてもお城に到着するまでかなりの時間を要します。

 

そのためかなり早めの出発を余儀なくされたのです。

 

さて、無事に江戸城城門に到着しました。

殿さまは将軍様に拝謁のため城内に入りますが、家臣は城門前で殿さま

帰りを待ちます。

およそ23時間は待つことになります。

 

そこに門前で待つ家臣たちや観光客相手の商売人も集まり茶菓子などを

売って歩きます。

かくして江戸城門前はいよいよ人で賑わいました。

 

 

戦国グッズ・幕末グッズのオンラインショップ

侍気分のHPは

http://samuraikibun.com

を是非ご覧ください。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。